退職手続きガイド【年金編】退職時の年金手続きどうすれば?年金の切り替え方法を解説!

働き方

  • HOME
  • ブログ
  • 働き方
  • 退職手続きガイド【年金編】退職時の年金手続きどうすれば?年金の切り替え方法を解説!
シェアよろしくお願いします!

退職手続きガイド【年金編】
退職時の年金手続きどうすれば?
年金の切り替え方法を解説!

いざ退職を決めたとしても、退職する時の手続きというのは意外と分からないことが多く、退職後も手続きに追われたりするケースも少なくありません。特に退職後は、新しい会社に再就職したり、自ら起業したり、また家事や育児に専念したりと新しい人生を歩み始めるタイミングでもあります。

「あの時にもっと知っておけば良かった」
「あの時あの手続きをしていれば良かった」
と後悔しないように、特に年金手続きについては、 将来もらえる年金に影響してくる大事な手続きである反面、あまり手続きについて周知されていないのが実情です。ただし退職時の年金手続きについてはそれほど複雑ではなく、3パターンしかないので、それ程難しく考える必要はありません。今回は年金手続き(年金の切り替え方法)について、パターン毎に詳しく解説していきたいと思います。 

【年金切り替え方法の3パターン】

  • 厚生年金保険⇒厚生年金保険
  • 厚生年金保険⇒国民年金第1号被保険者
  • 厚生年金保険⇒国民年金第3号被保険者

厚生年金保険から
厚生年金へ切り替える場合

厚生年金保険から厚生年金へ切り替える場合とは、退職した後に1日の空白期間(無職期間)もなく、新しい会社へ再就職し、新たに厚生年金保険へ加入するパターンとなります。すべて会社経由で年金の切り替え手続きを行うこととなり、健康保険に加入している場合はその手続きと一緒に行います。ここに右カラムに表示させたい任意のテキストや画像タグを入力します。

 

【手続きの流れ】

  • 退職する会社から年金事務所へ厚生年金保険資格喪失届出が提出されます
  • 会社に年金手帳が保管されている場合は、事前に返却してもらいましょう
  • 再就職後、新しい会社から年金事務所へ厚生年金資格取得届出が提出されます(※新しい会社から年金手帳の提出を求められる場合があります)

 

【留意点】

  • 新しい会社からマイナンバー(個人番号)を求められる場合があるため、事前に確認しておくと良いでしょう
  • 健康保険の加入手続きも同時に行うので、配偶者が健康保険の被扶養者の場合は手続き漏れがないように気をつけましょう

 

【保険料負担】

  • 資格喪失日( 退職日の翌日)の前月分までが、 退職する会社の給与から控除されます。
    例①:9月30日に退職した場合(資格喪失日10月1日)
    ⇒9月分までが控除
    ※10月分は新しい会社の給与(11月分)から控除されます
    例②:9月29日に退職した場合(資格喪失日9月30日)
    ⇒8月分までが控除
    ※9月分は新しい会社の給与(10月分)から控除されます

 

【加入期間】

  • 1日の空白期間もないため、 退職前と退職後の厚生年金保険の加入期間は通算されます。

 

厚生年金保険から
国民年金第1号被保険者へ
切り替える場合

厚生年金保険から国民年金第1号被保険者へ切り替える場合とは、 退職後に再就職先が決まっておらず空白期間(無職期間)があるパターンと、退職後に個人事業主として働くパターンと2つあります。なお国民年金への加入は自分で行う必要があります。

 

【手続きの流れ】

  • 退職する会社から年金事務所へ厚生年金保険資格喪失届出が提出されます
  • 会社に年金手帳が保管されている場合は、事前に返却してもらいましょう
  • 自分で各市町村窓口で国民年金の加入手続きを行います

 

【留意点】

  • 退職してから14日以内の手続きが必要となります
  • 配偶者が健康保険の被扶養者(国民年金第3号被保険者)だった場合は、配偶者も国民年金第1号被保険者への切り替えが必要になります
    (※国民年金保険料は2人分納付することとなります)
  • 加入手続きの際、年金手帳や本人確認書類などが必要になるため、各市町村窓口に連絡の上、必要書類を事前に確認しておくと良いでしょう

 

【保険料負担】

  • 厚生年金保険料は資格喪失日(退職日の翌日)の前月分までが 退職する会社の給与から控除され、国民年金保険料は退職月の分から納付することとなります
    (※国民年金保険料の支払期日は翌月末日まで)
    例①9月30日に退職した場合(資格喪失日10月1日)
    ⇒厚生年金保険料は9月分まで負担し、10月以降は国民年金保険料を負担します。
    例②9月29日に退職した場合(資格喪失日9月30日)
    ⇒厚生年金保険料は8月分まで負担し、9月以降は国民年金保険料を負担します。
  • 退職後、収入がない場合や収入が少ない場合は、保険料免除制度があるので、各市町村窓口へ相談すると良いでしょう

 

【加入期間】

  • 厚生年金保険の加入期間は資格喪失日(退職日の翌日)の前月までとなり、その後は国民年金保険の加入期間となりますが、退職するタイミングによって異なりますので注意が必要です
    例①9月30日に退職した場合(資格喪失日10月1日)
    ⇒厚生年金保険の加入期間は9月まで(10月からは国民年金の加入期間)
    例②9月29日に退職した場合(資格喪失日9月30日)
    ⇒厚生年金保険の加入期間は8月まで(9月からは国民年金の加入期間)

 

厚生年金保険から
国民年金第3号被保険者へ
切り替える場合

厚生年金保険から国民年金第3号被保険者へ切り替える場合とは、配偶者(または親族)が同様に厚生年金保険へ加入しており、その配偶者(または親族)に扶養されるパターンとなり、わかりやすい例としては結婚や育児で会社を退職する場合や、親の扶養に入る場合がこれに当てはまります。

 

【手続きの流れ】

  • 退職する会社から年金事務所へ厚生年金保険資格喪失届出が提出されます
  • 配偶者(または親族)の会社経由で国民年金第3号被保険者関係届を提出します
    ※健康保険の被扶養者(異動)届出も同時に行います

 

【留意点】

  • 健康保険の適用もあるため、退職してから速やかに手続きを行います
  • 配偶者(または親族)の扶養に入るためには年収条件と同居条件が必要となるため、条件を満たさない場合は国民年金第1号被保険者として保険料を納付する義務が発生します
    ※年収条件や同居条件についてはこちら【退職手続きガイド(健康保険編)】で解説しています。

 

【保険料負担】

  • 資格喪失日( 退職日の翌日)の前月分までが、 退職する会社の給与から控除されますがそれ以降の保険料負担は発生しません
    例①9月30日に退職した場合(資格喪失日10月1日)
    ⇒9月分までが控除(10月分からは保険料負担なし)
    例②9月29日に退職した場合(資格喪失日9月30日)
    ⇒8月分までが控除(9月分からは保険料負担なし)

 

【加入期間】

  • 厚生年金保険の加入期間は資格喪失日(退職日の翌日)の前月までとなり、その後は国民年金保険の加入期間となりますが、退職するタイミングによって異なりますので注意が必要です
    例①9月30日に退職した場合(資格喪失日10月1日)
    ⇒厚生年金保険の加入期間は9月まで(10月からは国民年金の加入期間)
    例②9月29日に退職した場合(資格喪失日9月30日)
    ⇒厚生年金保険の加入期間は8月まで(9月からは国民年金の加入期間)

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?
少しテクニック的な話にもなりますが、手続き上一番スムーズなのは、すでに再就職も決まっており1日の空白期間(無職期間)もなく厚生年金保険に加入するパターンとなります。
一方で1日でも空白期間(無職期間)があると国民年金の手続きを自分自身ですることとなり、さらに第1号被保険者となる場合は保険料を納付する必要も出てくるので、少し大変かもしれません。
また保険料負担を考慮すると、月の途中で退職すると1ヶ月分の厚生年金保険料を支払う必要が無くなる反面、加入期間も1ヶ月少なくなるため、その辺りも将来の年金額との関係で考えていく必要があります。
ただ、どんな形であれ、退職手続きを事前に知っておくことは、選択肢を自分の判断で決めることができるので、後悔することなく、新しい人生を歩むことでできるのではないでしょうか?

★その他退職手続きについてはこちら↓

関連記事一覧