【産前産後休業】産休期間は「いつから、いつまで?」~出産のタイミングで変わります!~

働き方, 労働問題

シェアよろしくお願いします!

【産前産後休業】
産休期間は「いつから、いつまで?」
~出産のタイミングで変わります!~


仕事をしている女性の人であれば、子供を妊娠して出産の時期が近づくと、 自分の体の健康管理や胎児へのケアが必要になったり、また仕事を休むことで収入が減ってしまうこともあることから、

「いつから産休に入れるの?」
「いつから仕事に復帰すればいいの?」

と思われている方は多く、非常に悩ましいポイントかと思います。
今回は産休に入られる方向けに、産前産後休業の仕組みについて分かりやすく解説していきますので、この機会にぜひ確認していきましょう!

産前産後休業とは?

一般的に言われている「産休」というのは、正式には「産前産後休業」と言います。
労働基準法で定められており、妊娠中の女性及び出産後の女性の母体を守ることを目的とし、一定の期間は会社が従業員を働かせてはならず、その働かせてはいけない期間を「産前産後休業期間」と言います。

誰でも休むことができるの?

産前産後休業というのは、労働基準法で定められていて、正社員に限らずパート社員や派遣社員の方でも、実際に会社に雇用されているのであれば、誰でも休むことができます。

いつから?いつまで?

産前産後休業期間については、こちらも労働基準法で定められており、「出産の日以前42日(多胎の場合は98日)から、出産の日後56日までとされています。
具体的には出産の日以前を「産前休業」、出産の日後を「産後休業」 を分けており、それぞれの休業におけるポイントをまとめてみたので、確認しておくと良いでしょう。

【産前休業のポイント】

  • 産前休業は出産の日以前42日間(多胎の場合は98日)とされていますが、この42日間は強制ではありません。
  • 実際の休業開始は、会社と打ち合わせのうえ自由に決めることができます。
  • いつから産休に入るのかについては収入や体調を考慮したうえで会社と相談してみると良いでしょう
  • 会社によっては42日間よりも長く休みをくれる場合もあります。

【産後休業のポイント】

  • 産後休業については出産の日後56日間とされており、必ず休まなくてはいけない期間となります
  • 自分や会社で自由に決めることができません
    ※医師の同意がある場合については、出産の日後6週間を経過していれば仕事に復帰することもできるので、その場合は会社とも事前に相談してみると良いでしょう。

出産のタイミングで変わる休業期間

先ほど産前産後休業期間については、「出産の日以前42日(多胎の場合は98日)から出産の日後56日まで」と解説しましたが、 これは全ての人が同じ期間となるわけではなく、実際のところ出産のタイミングで休業期間というのは変わってきます。
出産日と出産予定日が同じであれば変わらないのですが、 出産日と出産予定日がズレた場合は休業期間が異なってくるので注意が必要です。
簡単に言えば、出産予定日よりも出産日が遅れれば休業期間は長くなり、 出産予定日よりも出産日が早まれば休業期間は短くなります。
以下の図のようにすると、わかりやすいので、確認してみると良いでしょう。

 

休業期間が変わると影響するもの

出産のタイミングで休業期間が変わると、影響を受けるものがあります。
それは
・健康保険における「出産手当金」の支給期間
・社会保険料(健康保険・厚生年金保険)の免除期間
の2つです。
社会保険料の免除期間は月単位なので影響を受ける可能性は低いのですが、出産手当金の支給期間については産前産後休業期間と直結するので、この点について出産手当金の支給内容や支給期間についても事前に確認しておくと良いでしょう!

★社会保険料免除についてはこちら↓

★出産手当金の支給期間についてはこちら↓

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧