フリーランス保護へ 政府が各省庁と連携しガイドライン策定へ

  • HOME
  • ニュース
  • フリーランス保護へ 政府が各省庁と連携しガイドライン策定へ
シェアよろしくお願いします!

政府は、全世代型社会保障検討会議および未来投資会議を開いたうえで、フリーランスの保護に向けたガイドライン案をまとめたことがわかった。
従来までの労働関係法に加えて、独占禁止法や下請代金支払遅延等防止法の適用を前提として、実効性のある対策を打ち出す方針としている。
フリーランスにおいては業務を請け負うケースにおいて、不十分な内容の契約書面が取り交わされていたり、取引条件の一方的変更を求められてしていて、不利益となっているケースも散見され、独占禁止法違反や下請法違反などを明確化していく方針だ。