自然災害に伴う国民年金保険料の免除について

シェアよろしくお願いします!

令和2年7月3日からの大雨による災害によって、被害を受けた国民年金第1号被保険者(個人事業主等に対する保険料免除に係る取扱いについて、厚生労働省が地方厚生支局を通じて、その取扱いに関して下市町村に対し周知徹底を図るよう求めている。

国民年金法施行規則によれば、被保険者、世帯主、配偶者などの住宅、家財、その他の財産につき被害金額(保険金、損害賠償金等によって補填された金額を除くものとする)が、その価格のおおむね2分の 1以上である損害を受けた場合には、その者の申請に基づき、その保険料を免除することができる規定している。

今回の大雨災害についても、概ね以下のとおりとなる。

①被災状況届等に記載されている状況から、被害が最も大きい財産に係る損害が2分の1以上であること(すべての財産ではなく、最も大きい財産=基本的には家屋が想定される)
②また免除期間は令和2年6月分から令和4年6月分まで。
③各免除期間のサイクルごと「令和2年6月」「令和2年7月~令 和3年6月」「令和3年7月~令和4年6月」)ごとに免除の申請が必要となる。

被災に遭われている方はぜひとも申請欲しい制度であることは間違いない。

(参考:日本年金機構ホームページ