女性の管理職割合や男性の育児休業取得率などに関する状況の公表 ~厚生労働省~

  • HOME
  • ニュース
  • 女性の管理職割合や男性の育児休業取得率などに関する状況の公表 ~厚生労働省~
シェアよろしくお願いします!

厚生労働省より「令和元年度雇用均等基本調査」結果が公表された。主な内容は女性の管理職割合や育児休業取得率などに関する状況についてで、概ね以下のとおりとなる。

【管理職に占める女性の割合について】
管理職に占める女性の割合は、
部長相当職では 6.9%(平成 30 年度 6.7%)、
課長相当職では 10.9% (同 9.3%)、
係長相当職では 17.1%(同 16.7%)
となっている。
【昇進者に占める女性の割合について】
新たに管理職に就いた昇進者に占める女性の割合は、
部長相当職では 7.6%(平成 27 年度 8.0%)、
課長相当職では 13.6%(同 12.1%)、
係長相当職では 23.1%(同 20.6%)
となっている。
【育児休業取得者の割合】
女性 : 83.0% (平成 30 年度 82.2%)
男性 : 7.48% (平成 30 年度 6.16%)
※平成 29 年 10 月1日から平成 30 年9月 30 日までの1年間に在職中に出産した女性(男性の場合は 配偶者が出産した男性)のうち、
令和元年 10 月1日までに育児休業を開始した者(育児休業の申出を している者を含む。)の割合。

今回の結果を踏まえれば、育児休業を取得する男性が依然として少ないことから、逆に言えば子供を育てながら働く女性に、育児に対する負担がかかっていることは明白であろう。
女性は管理職への昇進したいと思っても、躊躇してしまうので正直なところではないだろうか?
また女性活躍推進のアクションプランによって、女性社員を管理職へ推薦する上司は多いが、男性社員に対して育児休業を推奨する上司が少ないことも、この結果から明らかと言えるのではないだろうか?