担当職でも管理職並み給与水準、プロ志向型に転換 〜第一生命〜

  • HOME
  • ニュース
  • 担当職でも管理職並み給与水準、プロ志向型に転換 〜第一生命〜
シェアよろしくお願いします!

出典:労働新聞社

第一生命保険は、一般の営業職を除く1万4000人を対象として、全体の9割をプロフェッショナル職として処遇する新しい人事制度を導入した。全員がマネジャーをめざす従来の単一グレード制(人事制度)を見直し、また直属の部下を持たない「担当部長」の役職を廃止するとしている。

なお、給与面では職責に連動するグレード給のウエートを大幅に高め、担当職でも従来のマネジャー並みの給与水準に到達できる体系を整備した。

今後は新たにコンピテンシー評価の基準となる「人財育成ロードマップ」を設け、1on1ミーティングを通じて持続的な育成を進めるとしている。