働き方改革推進支援助成金(職場意識改善特例コース)の見直しを発表

  • HOME
  • ニュース
  • 働き方改革推進支援助成金(職場意識改善特例コース)の見直しを発表
シェアよろしくお願いします!

5月 25日、厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症対策として新た特別休暇の取得促進に向けた環境整備に取り組む中小企業を支援するための、働き方改革推進支援助成金(職場意識改善特例コース)について、交付申請期限等を延長することを発表した。

働き方改革推進支援助成金(職場意識改善特例コース)については、今回の新型コロナウィルスの感染症対策として、労務管理用のソフトウェアや機器の導入費用、また就業規則の作成・変更やそれに伴う外部専門家によるコンサルティング費用などの3/4(上限金額50万円)を助成金として支給するものであり、その実施期間については令和2年2月17日から7月31日まで期間を対象として、 支給申請期限も7月29日まで延長されることとなった。

詳細は厚生労働省HPで