社会保険・年金制度

個人事業主でも社会保険(健康保険・厚生年金)に加入する方法(社保サポ)とは?

シェアよろしくお願いします!

個人事業主でも社会保険(健康保険・厚生年金)に加入する方法(社保サポ)とは?

個人事業主やフリーランスとして働く場合、会社員とは違って会社に雇用されていないため、健康保険や厚生年金保険に加入できず、代わりに国民年金や国民健康保険に加入することになります。

この国民年金や国民健康保険については、健康保険や厚生年金保険の労使折半とは異なり、保険料が全額自己負担となることや、扶養する家族がいる場合は保険料が割高となるため、実際に個人事業主やフリーランスとして働いている方で、

社会保険料って意外と高いのよね。
もう少し何とかならないかしら?

と悩まれている方が多いのが実情です。

そのため、できれば会社員と同じように「健康保険や厚生年金保険」(社会保険)に加入できないのか?とネットで調べてはみるものの、結局それらしい情報もなく、諦めている方も多いのではないでしょうか?

そのようなお悩みを持つ方にぜひ紹介したいのが、「一般社団法人フリーランスサポート協会」が運営する個人事業主のための社会保険『社保サポト です!

ただし、新しい仕組みづくりのため世間的にはあまり知られていないことと、やはり個人事業主=国民年金と国民健康保険に加入するとのイメージが強いことから、

個人事業主って健康保険には入れないって聞くし、
「社保サポ」って本当に大丈夫なのかしら?

と半信半疑の方もいると思います。

ここでは社会保険労務士である著者(プロ)が、一般社団法人フリーランスサポート協会が運営する『社保サポ 』の仕組みについて解説しきますので、社会保険料の見直したい個人事業主・フリーランスの方はぜひ参考にしてみてください。

【この記事でわかること】

「月額38,500円で健康保険・厚生年金保険に加入できる可能性があります!」
「社会保険料が見直せた場合、自由に使えるお金が増えます!」

社保サポ

『社保サポ』とは?

『社保サポ』とは、一般社団法人フリーランスサポート協会が運営する制度であり、個人事業主でも社会保険(健康保険・厚生年金保険)へ加入できるようにした仕組みとなります。

通常、個人事業主やフリーランスの方は、国民年金と国民健康保険への加入が義務づけられますが、健康保険や厚生年金保険に加入している場合はその限りではありません。

つまり、『社保サポ』に加入した場合、国民年金⇒厚生年金保険、国民健康保険⇒健康保険に切り替わることとなります。

なお、年金制度においては国民年金が1階建て部分、厚生年金保険は2階建て部分となっているため、厚生年金保険の加入者は国民年金に第2号被保険者としても加入することになるため、実際には社保サポ制度に加入した場合は国民年金+厚生年金保険のダブル加入となります。(保険料は厚生年金のみ負担となり、国民年金の負担はなくなります)

『社保サポ』の仕組み

では、なぜ『社保サポ』に加入すると個人事業主・フリーランスの方でも健康保険・厚生年金保険に加入することができるのか?『社保サポ』の仕組みについて解説していきます。

①一般社団法人フリーランスサポート協会に加入

まず『社保サポ』に加入する場合は、一般社団法人フリーランスサポート協会に「理事」として加入することとなります。なお、一般社団法人における「理事」とは、一般社団法人の重要事項を決定する権限をもつ役員のことを言います。

いきなり「理事」「役員」と言われても、イメージがしにくいかもしれませんが、一般社団法人もその名のとおり企業と同じ法人であり、理事はその法人の役員となります。

この点で一番大事なのが「理事」=「役員」は健康保険・厚生年金保険への加入義務があることです。

特に法律上明文化はされていないのですが、過去の行政通達により、法人の代表者または役員であっても、法人から労務の対償として報酬を受けている者は、社会保険への加入資格があるものとしているため、一般社団法人フリーランスサポート協会に「理事」として加入することが社会保険への加入資格を得ることになるのです。

なお一点だけ注意が必要なのが、「理事」としての職務・職責が実態としてあることが前提であり、理事としての職務・職責がない場合(またはあるとは認められない場合)は社会保険への加入資格を得ることはできませんので、そのあたりは社保サポへの加入時にきちんと確認しておくと良いでしょう。

②加盟金として毎月50,000円を負担する

実際に「理事」として協会に加入すると、加盟金として毎月50,000円の負担が発生し、この50,000円が社会保険料の原資となります。

「毎月50,000円も負担するなんて、やっぱり怪しい・・・」と思われる方もいるかと思いますが、毎月50,000円の負担でもそれを超えるメリットがあるため、ここで終わらず先の記事を読み続けてください。

③理事報酬として毎月11,500円がもらえる

もちろん負担ばかりではなく、理事としての職務を全うすることで理事報酬(役員報酬)として毎月11,500円がもらえることとなります。

これば先述したとおり、社会保険への加入資格を得るためには、実態として理事としての職務・職責を全うすることが必要であり、結果として報酬を得ることになるからです。

④毎月38,500円の負担で健康保険・厚生年金保険に加入できる

よって、加盟金から理事報酬を差し引けば、実質毎月38,500円で社会保険(健康保険・厚生年金保険)に加入することができます。

なお、個人事業主やフリーランスの方は、通常、国民健康保険ならびに国民年金に加入しており、その分の保険料を負担していますが、健康保険・厚生年金保険に加入した場合はその分の保険料負担はなくなります。

つまり国民健康保険と国民年金の保険料が毎月38,500円を超えている場合は、『社保サポ』に加入することで結果として保険料を見直すことができることになります。

なお、『社保サポ』に加入することで得られるメリットは保険料だけではないため、その他のメリットについても触れていきます。

『社保サポ』のメリット

『社保サポ』に加入する際のメリットについては、何と言っても社会保険(健康保険・厚生年金保険)へ加入できることですが、もう少し具体的に見てみましょう。

①保険料が見直せる

個人事業主・フリーランスの方については、国民年金と国民健康保険とで保険料を負担しなくてはならず、国民年金については月16,590円(令和4年度)の負担で、国民健康保険では家族構成や所得によって保険料が変動しますが、ここでは実際に『社保サポ』に加入したことで保険料を見直すことに成功した事例を2つ紹介します。

【独身の場合】

国民年金:16,590円

健康保険:30,330円

月額負担:46,920円

社保サポ加入で月額38,500円になり年間101,040円の保険料見直し

【既婚の場合】

国民年金:33,180円(夫婦2名分)

健康保険:50,749円(夫婦世帯分)

月額負担:83,929円

社保サポ加入で月額38,500円になり年間545,148円の保険料見直し

といずれの場合も、かなり保険料が見直されています。

「なぜここまで保険料負担が少なくなるのか?」

と疑問に思われた方もいると思いますが、その理由としては2点あり、

健康保険では扶養家族分の保険料負担がないこと
②厚生年金保険に加入した場合、配偶者の国民年金の保険料負担が免除されること

にあるので、既婚している場合の方が『社保サポ』による保険料メリットが得られる可能性が高いとも言えます。もちろん配偶者や子供が扶養の対象となるのか否かでも変わってきますし、独身でも住む地域によっては保険料が削減できる可能性もあります。この点『社保サポ』への加入は保険料が削減できる場合が条件なので、実際に保険料負担が減るのかは事前に確認できます。

もらえる年金が増える

保険料だけでなく、将来もらえる年金が増えるのも魅力の1つです。国民年金については最大で40年間保険料を支払い続けると、満額で約78万円程(1年間あたり)の年金をもらえることとなりますが、厚生年金保険に加入した場合、これに+αで年金が上乗せされます。

先述したとおり、『社保サポ』に加入すると理事報酬(役員報酬)として月額11,500円もらえますが、この報酬月額を厚生年金保険の標準報酬月額(年金の基礎となる数字)に読み替えると、88,000円になります。

「月額11,500円が標準報酬月額88,000円になるなんて?」

と思う方もいると思いますが、厚生年金保険における標準報酬月額には最低ランクが設定されており、どんなに月収が低くても標準報酬月額が88,000円を下回ることはありません。(仮に標準報酬月額が改定された場合はその額を下回ることはありません)

仮に国民年金と同様に40年間『社保サポ』に加入した場合、受け取れる厚生年金は約23万円と増えるので、国民年金と合わせると約100万円が年金として受け取れることとなります。

「え?たった23万円?」

と思う方もいると思いますが、公的年金は終身年金=生涯にわたりもらえるので、10年もらい続ければ230万円、20年間もらい続ければ460万円となるため、その金額を自力で貯蓄する難しさを考えると、やはり厚生年金保険に加入することで年金額を増やすのが最も効率的な方法とも言えます。

社保サポ

『社保サポ』のデメリット

一方で『社保サポ』加入することのデメリットもあるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

①月1回の活動報告と理事としての職務

あくまでも理事として加入するのは先述したとおりですが、理事としての活動として、毎月1回、25日までにフリーランスサポート協会に関するSNS投稿をしたうえで、協会に報告する必要があります。(SNS投稿自体はテンプレートがもらえるので、それ程労力はかかりません)
また、それ以外にも理事としての職務があれば、それを全うする義務があります。

②iDeCoの掛金と住民税に注

個人事業主やフリーランスの方の場合、老後資金対策として個別にiDeCo(個人型確定拠出年金)に加入している方もいらっしゃいますが、『社保サポ』に加入すると会社員扱いとなるため、掛金の上限額が68,000円から23,000円に下がりますので注意が必要です。

また理事として月額11,500円の収入があるので、収入が増えた分住民税も上がりますので、事前に留意しておくと良いでしょう。

『社保サポ』への加入方法

これまでメリット・デメリットを解説しきましたが、デメリットの点を踏まえても、「保険料見直せる」「もらえる年金が増える」という点で、『社保サポ』への加入メリットは大きいと言えます。

実際の利用者の声としても、

公式LINEから気軽に問い合わせが出来て、すぐに回答を貰えたのがよかったです。
高いと感じていた年金や保険料の支払いが安くなるなんて、考えてもいなかったので驚きでした。
できることなら、もっと早く知りたかった。
(参照元:社保サポ)
勢いのまま独立してしまい、年金や保険の事を考えていませんでしたが、社保サポの担当の方が分かりやすく丁寧に説明してくれたので理解することができ、お陰で節税の意識を持つ事ができました。
(参照元:社保サポ)

といった声があり、やはり保険料の節約といった点が最大の魅力となります。

それでも「保険料の負担を減らすことができるのか?」

と心配な方もいると思いますが、もともと『社保サポ』の加入条件として、保険料負担が減る人が対象となっているので、無料個別説明会(事前予約)に参加のうえ、そこで保険料が高くなる場合は原則加入できないので、現在よりも負担が増えることはありません。

もし、社会保険料を節約することができれば、その分事業や趣味にお金を使うことができ、人生をより楽しむことができます。

「社会保険料の負担を減らしたい」「社会保険に加入したい」と思っている方は、ぜひ『社保サポ』の個別説明会(無料)へ申し込みましょう!(2~3分で申し込みできます!)

社保サポ

★個人事業主・フリーランスの方の所得補償対策についてはこちら↓

シェアよろしくお願いします!

【社労士監修】フリーランスが知っておきたい健康保険と所得補償保険前のページ

【社労士監修】退職後の健康保険の切り替えはどうなるの?パターン別に解説します!次のページ

ピックアップ記事

  1. 【初心者も安心】おすすめの副業サイト5選

関連記事

  1. 社会保険・年金制度

    【社労士監修】副業・兼業における労災保険の休業補償について徹底解説!

    【社労士監修】副業・兼業における労災保険の休業補償について徹底解説!…

  2. 社会保険・年金制度

    【社労士監修】在職老齢年金の総報酬月額相当額とはいつの報酬で決まるのか?

    【社労士監修】在職老齢年金の総報酬月額相当額とはいつの報酬で決まるのか…

  3. 就職・転職・退職

    【社労士監修】定年再雇用後の社会保険への加入はどうなる?同日得喪の仕組み

    【社労士監修】定年再雇用後の社会保険への加入はどうなる?同日得喪の仕組…

  4. 時事問題

    児童手当「特例給付」はなぜ廃止されるのか?国の本当の目的は【働き方改革の促進】

    児童手当「特例給付」はなぜ廃止されるのか?国の本当の目的は【働き方改革…

  5. 起業・副業

    起業・副業の前に知っておきたい!会社員と個人事業主の違い【リスク対策・節税対策編】

    起業・副業の前に知っておきたい!会社員と個人事業主の違い【リスク対策・…

  6. 起業・副業

    起業における固定電話が必要な理由~クラウドPBXを利用しよう~

    起業における固定電話が必要な理由~クラウドPBXを利用しよう~現在…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Presented by

人気記事

ピックアップ記事

  1. 【初心者も安心】おすすめの副業サイト5選
  2. 不動産投資会社にオススメはない!ローンと物件と担当者で選ぶの…
  3. 【社労士監修】育休中に副業しても大丈夫?副業の方法と給付金へ…
  4. 【不動産投資でのデッドクロス】節税効果を狙った中古物件の購入…
  5. サラリーマン向け『不動産投資の減価償却費について』その計算方…
  6. サラリーマン向け『不動産投資による節税効果』について解説
  7. 【社労士監修】不動産投資は副業にあたらない4つの理由
  1. 労働時間・休暇・休日

    【パパ休暇】【パパ・ママ育休プラス】育児休業給付金の延長と上手な活用方法をわかり…
  2. 労働時間・休暇・休日

    【パパ休暇】【パパママ育休プラス制度】 男性の育休期間はいつからいつまで?
  3. 労働時間・休暇・休日

    【社労士監修】2022年10月改正版「育児休業期間中の社会保険料免除はいつまで?…
  4. 労働時間・休暇・休日

    【社労士監修】育児休業給付金は手取り賃金の約90%~もらえる期間と計算方法につい…
  5. 労働時間・休暇・休日

    【社労士監修】育児休業期間はいつまで?延長出来るケースも徹底解説
PAGE TOP