新しい働き方を考えるための社会保障

これからの時代は、転職・独立・起業などの「新しく、自分らしい、自由な働き方」を選択できる時代となります。
新しい働き方を目指す人たち向けに、働き方による社会保障の違い(メリット・デメリット)を紹介していきます。

  • HOME
  • 【働き方 × 社会保障】
シェアよろしくお願いします!

最後に:新しい、自分らしく、自由な働き方を目指して

以上、「働き方を変えたいときに知っておくべき5つのポイント」について紹介してきました。それを踏まえたうえで、今一度下のグラフで働き方における5つのポイントを確認してみましょう!

 

いかがでしょうか?
会社員の方が、起業や独立開業を目指すときには、どうしても社会保険制度による十分な保障が受けられなくなるため、老後や病気・ケガ、失業時のリスクに備えるためにどうような対策をすればいいのか迷われることでしょうし、逆に個人事業主・フリーランスの方が、安定した収入を目指して会社員としての働き方を目指すときには、どうしても労働時間による縛りがネックとなるでしょう。一方でパートや派遣社員の方も、仕事と家庭とのバランスを保ちながら、正社員への転換や起業を目指す方もいれば、そのまま現状の働き方を維持していく方もいらっしゃるでしょう。

働き方を変える時、変えたい時、心配や不安が脳裏をよぎることが多いと思います。その時は「自分はこうしたい!」「自分はこうなりたい!」という明確なビジョンと、熱意で乗り越えることもできますが、一方で現実的な問題として今回紹介した5つポイントは避けては通れない壁とも言えます。ただ確実に言えることは、その「壁の乗り越え方」はあるということです!

これからの時代は、転職・独立・起業などの「新しく、自分らしい、自由な働き方」を選択できる時代となります。
皆さんも、1度しかない人生、ぜひ自分らしく働いてみませんか?

前に戻る⇒ポイント⑤働き方による資産設計の自由度の違い