時事問題

短時間労働者(パートタイム)への年金適用を促進

シェアよろしくお願いします!

短時間労働者に厚生年金適用の中小企業へ助成拡充…厚労省が新年度から (出典:読売新聞)

 厚生年金保険と言えば、以前は主に正社員を対象としていた年金制度であったが、現在はフルタイムで働く従業員が501人以上の企業のうち、短時間労働者(週20時間以上30時間未満)が一定の条件を満たせば厚生年金保険が適用されることとなっており、徐々に非正規雇用にもその適用が拡大されている。また従業員500人以下の企業については、現在は適用対象外であるものの、労使が合意すれば適用できることとなっている。

 今回はさらなる適用拡大に向けて、企業向けの助成金が拡充されるとのことであり、企業が社会保険労務士らに依頼して説明や相談、就業時間など働き方の意向調査を行ったうえで厚生年金保険の適用を行った際に、その企業に対して原則19万円が支給される。また生産性向上に向けて研修などを実施した場合は、さらに10万円が加算するというものであり、現在厚生労働省が実施している「キャリアアップ助成金」制度に、これらの助成金が拡充されることとなる。

 また厚生年金保険が適用されると、場合によっては厚生年金保険料が給与天引きであることから実際の手取り収入が減ってしまうという問題(俗にいう130万円の壁)もあったが、その対策として手取り収入がなるべく減らないよう厚生年金加入時に基本給を増やした場合については、従業員1人当たり1・9万~13・2万円を企業へ助成する支援策も継続・拡充する。

 なお、今後は短時間労働者への厚生年金適用について、現在は任意加入の中小企業についても段階的に義務付けに変更する方針とのことであり、現在501人以上という企業規模の要件を22年10月に「101人以上」、24年10月に「51人以上」に引き下げる法改正を検討しているとのこと。

個人的には、現在のような働き方よる年金制度の違いがあるのは、なんとも不合理であり、本来は働き方に関係なく、誰もが平等に年金を受け取れる制度が正しい姿であると考える。今回の短時間労働者への年金適用の促進が、今後はフリーランス等の個人事業主・自営業方への年金制度拡充、もしくは平等化へ繋がっていけば、もっとより自由な働き方を選ぶことができるのではないだろうか。より個々のライフデザインも色どり豊かになることを願うばかりである。

シェアよろしくお願いします!

育児休業給付金が給与の80%まで引き上げ??政府が検討へ前のページ

【同一労働同一賃金Q&A】正社員の給与は下がる?下がらない?次のページ

ピックアップ記事

  1. 【初心者も安心】おすすめの副業サイト5選

関連記事

  1. 社会保険・年金制度

    【社労士監修】傷病手当金の支給額は?早見表で簡単に確認したい

    【社労士監修】傷病手当金の支給額は?早見表で簡単に確認した…

  2. 社会保険・年金制度

    【社労士監修】個人事業主の妊婦さんのための「産前産後期間の保険料免除」

    【社労士監修】個人事業主の妊婦さんのための「産前産後期間の保険料免…

  3. 社会保険・年金制度

    年金不安はこれで解消! 個人型確定拠出年金(iDeCo)の正しい始め方とは?

    年金不安はこれで解消!個人型確定拠出年金(iDeCo)の正しい…

  4. 社会保険・年金制度

    【社労士監修】高年齢雇用継続給付金はいくらもらえるの?早見表で確認(令和4年最新版)

    【令和4年版】高年齢雇用継続給付金はいくらもらえるの?早見表で確認しよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Presented by

人気記事

ピックアップ記事

  1. 時間がないサラリーマンにおすすめの副業5選
  2. 【初心者も安心】おすすめの副業サイト5選
  3. 不動産投資会社にオススメはない!ローンと物件と担当者で選ぶの…
  4. 【社労士監修】育休中に副業しても大丈夫?副業の方法と給付金へ…
  5. 【不動産投資でのデッドクロス】節税効果を狙った中古物件の購入…
  6. サラリーマン向け『不動産投資の減価償却費について』その計算方…
  7. サラリーマン向け『不動産投資による節税効果』について解説
  1. 労働時間・休暇・休日

    【社労士監修】育児休業期間はいつまで?延長出来るケースも徹底解説
  2. 労働時間・休暇・休日

    【パパ休暇】【パパ・ママ育休プラス】育児休業給付金の延長と上手な活用方法をわかり…
  3. 労働時間・休暇・休日

    【パパ休暇】【パパママ育休プラス制度】 男性の育休期間はいつからいつまで?
  4. 労働時間・休暇・休日

    【社労士監修】2022年10月改正版「育児休業期間中の社会保険料免除はいつまで?…
PAGE TOP