就職・転職・退職

退職手続きガイド【健康保険編】健康保険の切り替え方法を解説

シェアよろしくお願いします!

~社労士監修~
退職手続きガイド【健康保険編】健康保険の切り替え方法を解説!

会社員であれば健康保険の加入者であり、入社と同時に会社経由で加入手続きを行い、いつの間にか「健康保険証」が手元に届いたという経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

一方で退職となると健康保険の脱退手続きが必要となり、結婚や転職、起業によって健康保険への加入方法が異なるため、

「会社を辞めたら、健康保険にもう入れないの?」
「健康保険と国民健康保険は何が違うの?」

と悩まれる方も多いと思います。

健康保険は病気やケガから自分を守るための保険でもあるので、今回は退職手続きにおける健康保険・国民健康保険の切り替え方法、「保険証の返却方法」や「退職後の加入手続き」について、社会保険労務士がわかりやすく解決していきます。

【この記事でわかること】
「ケース別に健康保険・国民健康保険への切り替え方法がわかります!」
「健康保険・国民健康保険の違いがわかります!」

手順①:健康保険証の返却

まず退職が決まった段階で必要となるのが、健康保険証の返却です。

健康保険証は会社員である本人と、その扶養家族が対象となるのため、返却の際は家族分も含めて、健康保険証を返却することになります。

健康保険の場合は、健康保険組合もしくは協会けんぽのどちらかで加入していますが、返却先は退職する会社となります。以下のとおり保険証の返却についてはポイントをまとめておいたので確認しておくと良いでしょう。

なお、退職後は保険証は使用できません。仮に使用した場合は病院窓口では3割負担ですが、その後7割の返還請求が来て結局は10割負担にとなりますので注意しましょう。

【健康保険証の返却先】

・会社(退職する会社)
退職する際に、会社(人事部や総務部…etc)から返却を求められますので、必ず返却しましょう。会社に返却された健康保険証は、会社から資格喪失届とともに健康保険組合や全国健康保険協会へ提出されます。

【返却するもの】
・健康保険証
自分自身の健康保険証はもちろんのこと、家族が被扶養者として加入している場合は、家族の健康保険証を含みます。
※紛失して返却できない場合は、会社へその旨申し出でましょう。
(まだ退職まで時間がある場合は、会社へ申し出て健康保険証を再交付してもらうことも可能です)

【返却するタイミング】
・退職日までに返却
退職日までは健康保険証は有効なので、退職日まで会社に出勤する方は、退職日当日に会社へ返却しましょう。
※有給休暇使用等で最終出勤日が退職日よりも前の場合は、郵送での返却が可能かどうか事前に会社へ確認しておくと良いでしょう。
(先に健康保険証を返却してしまい、退職日までの間に病院を受診した場合、治療費は一旦10割負担となりますが、会社へ申出すれば7割分は返金されてきます)

【健康保険料】
・資格喪失日(退職日の翌日)の前月分までを負担
EX①9月29日に退職した場合(資格喪失日9月30日)⇒9月分の保険料は発生しない
EX②9月30日に退職した場合(資格喪失日10月1日)⇒9月分の保険料が発生する(最後の給料から控除されます

【会社から受け取っておく書類】
・健康保険資格喪失証明書
健康保険証を返却し、資格も喪失して手続きが完了すると、会社経由で健康保険資格喪失証明書が発行されます。
再就職後に改めて健康保険に加入したり、国民健康保険に加入する場合に必要となる場合もあり、会社に予め申し出おいて方が良いでしょう。

手順②:退職後の加入手続き

退職する会社で健康保険証の返却が終わった後は、退職後の保険加入手続きとなります。

社会保険は国民皆保険とも言われており、退職後は何かしらの社会保険に加入することになりますが、退職後のスケジュールによって以下のとおり加入方法がそれぞれ変わりますので、退職時は事前に確認しておくと良いでしょう。

ここからは上の表をもとに、ケースごとに詳しく解説していきたいと思います。

離職期間が1日もなく再就職する場合

退職後に1日のブランク(離職期間)もなく、新しい会社に再就職する場合、再就職先の会社で改めて健康保険に加入することとなります。

一般的には新しい会社の方から健康保険への加入申請の案内が来るので、その案内どおり手続きを進めることとなりますが、手続きの流れやポイントをまとめると以下のとおりです。特に家族がいる場合は、家族分の手続きも忘れないようにしましょう!

【手続きの流れ】
・再就職先の会社が、健康保険資格取得届を健康保険組合または全国健康保険協会に届け出ます。
・手続きが完了後、健康保険証が手元に届きます。

【留意点】
・会社から提出を求められるケースがあるため、予め前の会社から健康保険資格喪失証明書を受け取っておきましょう。
・扶養している家族がいる場合は、被扶養者としての届け出も忘れないようにしましょう。
・健康保険証が手元に届くまでは一定日数がかかるため、その間緊急かつ不可避の治療費が発生する場合は「被保険者資格証明書」の発行を会社へ申し出ておきましょう。
(※被保険者資格証明書は全国健康保険協会が管轄している場合に限ります)

離職期間を経て再就職する場合

退職後に一定のブランク(無職期間)が経たうえで新しい会社に再就職する方というのは、ブランク期間=無保険状態となるため、3つの選択肢から社会保険に加入することになります。
3つの選択肢ともにメリット・デメリットがあるため以下のポイントを踏まえながら、加入方法を選択するのが良いでしょう。

①国民健康保険に新たに加入する方法

退職後は健康保険ではなく、都道府県・市町村が運営する国民健康保険に加入する方法です。

国民健康保険は個人事業者や自営業の方、またその家族が加入する社会保険であり、会社員の方にはまあり馴染みがないかもしれませんが、退職後に離職期間がある場合や、退職後は個人事業主として働く場合は主に国民健康保険に加入することになります。

保険料は自分で納めることになったり、休業補償が無かったり等、健康保険との違いについても予め確認しておくと良いでしょう。

《加入手続きについて》

国民健康保険への加入は、健康保険とは異なりすべて自分で行います。手続きは市町村窓口となるため、必要な書類について確認のうえ、手続きを進めて行きましょう。ここでは一般的な手続きについて簡単に紹介していますので、具体的な手続きについては各市町村窓口で確認してみてください。

【国民健康保険に加入できる条件】

・健康保険の加入者(被扶養者含む)でないこと。
・後期高齢者医療保険の加入者(75歳以上)ではないこと。
・公務員等の共済組合に加入していないこと。
・船員保険に加入していないこと。

【手続きの流れ】

自分で居住地の市町村窓口に行き、「国民健康保険」の加入手続きを行います。
 ※加入手続きは自分自身もしくは世帯主の方が行います。
退職してから14日以内の手続きが必要となります。

 ※手続きが完了後、国民健康保険証が手元に届きます。

【留意点】

・退職したことがわかる証明書(健康保険資格喪失証明書、退職証明書、雇用保険被保険者離職者..etc)の提出が求められるので予め準備しておきましょう。
・本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード…etc)と印鑑、口座確認資料が必要になります。
・国民健康保険は世帯合算で保険料を納付する仕組みなので、家族内で健康保険や後期高齢者医療保険への加入者がいる場合はその人数分は除きましょう。
(※除かずに申請すると保険料が二重払いとなるので注意しましょう)

《健康保険との違い》

また国民健康保険については、病気やケガまた出産時の休業補償がない一方で、通勤災害や業務災害時の病気やケガに対して適用されるなど、健康保険とは異なる点もあります。国民健康保険では何が補償されて、何が補償されないのか?そのポイントを整理してみましたので、ぜひ確認して見てください。

【メリット】

通勤災害や業務災害も保険の対象となります
健康保険の場合は、通勤災害や業務災害について対象外(労災保険の対象)となっています。

保険料免除制度がある
災害や所得が減少したとの理由で、国民健康保険料を納めるのが難しい場合は、保険料の免除や一部負担にすることができます。

国民健康保険の免除・減額の条件については各市町村によって異なりますが、減額および免除等は世帯全員の所得を合計したうえで決定され、7割、5割、2割のなかから減免率が選ばれます。

【デメリット】

保険料が割高となるケースが多い
国民健康保険料は「所得割」や「均等割」といったように、世帯における各1人ずつの所得金額とその世帯人数によって、概ね保険料が決まります。
また市町村によって保険料が異なりますが、健康保険より割高となる傾向にあります。

傷病手当金や出産手当金がない
国民健康保険とは健康保険と異なり、病気やケガまたは出産による休業補償がないので注意しましょう。

 

②任意継続被保険者として加入する方法

退職後もそのまま自分で加入していた健康保険に継続して加入することができ、これを任意継続被保険者と言います。

任意継続被保険者となる場合は、自分だけではなく扶養していた家族もそのまま健康保険に加入することができますが、加入できる条件があったり、加入できたとしても最長2年間までの加入期間となります。

《加入手続きについて》

加入手続きは自分で行いますが、気を付けておきたいのでが一旦加入すると自分の意思で脱退できないという点です。また保険料も労使折半ではなく全額自己負担となるため、もし加入する場合は、国民健康保険の保険料も比較してみたうえで、検討するのが良いでしょう。

【任意継続被保険者となれる条件】

退職日までに継続して2ヶ月以上、健康保険に加入していたこと。
退職日の翌日から20日以内に手続きをすること。
(※期限を過ぎると申請ができなくなるので注意が必要です)

【手続きの流れ】

・自分で「任意継続被保険者資格取得申出書」を健康保険組合または全国健康保険協会(協会けんぽ)に提出します。
※健康保険組合の場合もともと加入していた健康保険組合へ、全国健康保険協会の場合は自分の居住地を管轄している窓口へ提出します。
※申請は自分自身で行います。

・会社からは「健康保険資格喪失届」を健康保険組合または全国健康保険協会に届け出ます。
・手続きが完了後、健康保険組合または全国健康保険協会から、健康保険証が届きます。

【留意点】

・退職したことがわかる証明書(健康保険資格喪失証明書、退職証明書、雇用保険被保険者離職者..etc)の提出が求められるので予め準備しておきましょう。
・被扶養者の収入がわかる資料(課税・非課税証明書、源泉徴収票…etc)の提出が求められるケースもあるため、予め準備しておくと良いでしょう。
・被扶養者との同居を確認するため、住民票(原本)が必要となるケースもあるため、予め準備しておくと良いでしょう。
・健康保険証が手元に届くまでは一定日数がかかるため、その間緊急かつ不可避の治療費が発生する場合は「被保険者資格証明書」の発行を会社へ申し出ておきましょう。
(※被保険者資格証明書は全国健康保険協会が管轄している場合に限ります)

《健康保険との違い》

一般的な健康保険の加入者とは違い、任意継続被保険者は会社を退職した人を対象としているため、病気やケガまたは出産時における休業補償はありません。

一方で保険料の前納制度があり、保険料の割引があったりと特徴もあるため、以下のポイントはぜひ確認しておきましょう。

【メリット】

保険料が前納できる
半年ベースまたは年間ベースで保険料を前払いすることで割引が適用されます。

被扶養者もまとめて加入できる
年収条件や同居条件がクリアできていれば、被扶養者もそのまま健康保険に加入できる

【デメリット】

保険料が全額自己負担となる
退職前の保険料は、労使折半のため会社が半分負担していますが、任意継続の場合は全額自己負担となります。
※保険料は毎月10日が納期限となります。

勝手にやめることができない
一旦任意継続として加入すると、原則2年間はやめることができないため、途中で「国民健康保険」や「家族の被扶養者として健康保険」に切り替えることはできません。
※保険料が未納だった場合、また再就職後に健康保険に加入した場合は任意継続被保険者をやめることができます。

傷病手当金・出産手当金がない
退職しているため、ケガや出産による休業補償は受けられないので注意しましょう。

※手当金の支給を受けている人がそのまま退職した場合、一定期間の範囲で支給されることがあります。

③扶養家族として健康保険に加入する方法

退職後は収入が無くなるため、家族の扶養に入ることで、家族の方の健康保険に「被扶養者」として加入することもできます。

なお、家族であれば誰でも「被扶養者」となれるわけではなく、下記の図のとおり一定の範囲の親族であることや、年収条件・居住要件もあるので、もし扶養に入るのであれば事前に確認しておくと良いでしょう。

出典:味の素健康保険組合

【被扶養者となるための年収条件】

被保険者と同一世帯に属している場合
年間年収が130万円未満(60歳以上または障害厚生年金を受けられる程度の障害者の場合は180万円未満)であって、かつ被保険者の年間年収の2分の1未満
(※年間年収は、過去1年間ではなく、今後1年間で想定される年収となります)

被保険者と同一世帯に属していない場合
年間収入が130万円未満(60歳以上または障害厚生年金を受けられる程度の障害者の場合は180万円未満)であって、かつ被保険者からの援助による収入額より少ない場合

《手続きの流れ》

手続きは健康保険に加入している家族の方の勤務先経由で行うこととなります。

扶養関係を確認するため、住民票や収入のわかる資料の提出を求められるので、スムーズに準備できるよう心掛けておきましょう。

【手続きの流れ】

・健康保険に加入している方(家族の方)が勤務している会社に「健康保険被扶養者(異動)届」を申し出ます。
・会社から「健康保険被扶養者(異動)届」を健康保険組合または全国健康保険協会に届け出ます。
・手続きが完了後、家族が勤務している会社から健康保険証が届きます。

【留意点】

・退職したことがわかる証明書(健康保険資格喪失証明書、退職証明書、雇用保険被保険者離職者..etc)の提出が求められるので予め準備しておきましょう。
・収入がある場合はその証明書(雇用保険受給資格者証のコピー…etc)の提出が求められるので予め準備しておきましょう。
・同居条件がある場合は住民票(原本)が必要となりますので予め準備しておきましょう。
・健康保険証が手元に届くまでは一定日数がかかるため、その間緊急かつ不可避の治療費が発生する場合は「被保険者資格証明書」の発行を会社へ申し出ておきましょう。
(※被保険者資格証明書は全国健康保険協会が管轄している場合に限ります)

《被扶養者の特徴》

同じ健康保険に加入するとなっても、被扶養者であるがゆえのメリット・デメリットがありますが、他の加入方法と比べると保険料負担がないというのが一番メリットと言えるでしょう。

【メリット】

保険料負担がない
被扶養者に保険料負担はなく、また健康保険に加入している家族の保険料も増えない。

【デメリット】

年収条件や同居条件がある
条件を満たさない場合は被扶養者になることができない。

・傷病手当金・出産手当金がない
退職しているため、ケガや出産による休業補償は受けられないので注意しましょう。

まとめ

退職後の加入手続きについては、保険料の負担で考えると家族の被扶養者として健康保険に加入するのが一番良い方法です。

しかし被扶養者となれなかった場合、任意継続被保険者として引き続き健康保険に加入するか、国民健康保険に加入するのかは、家族構成やその時の収入によって判断が異なります

よって、保険料試算をシミュレーションしたうえで、そろぞれのメリット・デメリットを検討を踏まえたうえで、加入方法を決めていくと良いでしょう。

★退職手続きを会社との交渉も含めて退職代行サービスに依頼したい場合はこちら↓

★その他退職手続きについてはこちら↓

シェアよろしくお願いします!

退職手続きガイド【退職理由編】 退職理由で嘘をつかなくても良い方法を解説!前のページ

転職で成功する人・失敗する人の違い~9つのポイントを解説~次のページ

関連記事

  1. 就職・転職・退職

    【2021年4月からスタート】中途採用比率の公表義務化から考える外部労働市場への期待

    【2021年4月からスタート】中途採用比率の公表義務化から考える外部労…

  2. 就職・転職・退職

    【サラリーマンが考えた】転職活動期間は3ヵ月を目標とした方が良い3つの理由

    【サラリーマンが考えた】転職活動期間は3ヵ月を目標とした方が良…

  3. 就職・転職・退職

    【社労士監修】同月得喪とは?入社後すぐに退職した場合の社会保険料

    【社労士監修】同月得喪とは?入社後すぐに退職した場合の社会保険料…

  4. 社会保険・年金制度

    【社労士監修】副業・兼業の場合の雇用保険の加入条件について解説!

    【社労士監修】副業・兼業の場合の雇用保険の加入条件について解説!…

  5. 労働時間・休暇・休日

    【仕事をしながらの転職活動】有給休暇の取得理由はどうしてる?

    【仕事をしながらの転職活動】有給休暇の取得理由はどうしてる?…

  6. 社会保険・年金制度

    【社労士監修】在職老齢年金の仕組み~65歳以上で働く場合はどうなるのか?

    【社労士監修】在職老齢年金の仕組み~65歳以上で働く場合はどうなるのか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

ピックアップ記事

  1. 【社労士監修】副業・兼業の場合の雇用保険の加入条件について解…
  2. 【社労士監修】マルチジョブホルダー制度の仕組みを解説~65歳…
  3. 【社労士監修】在職老齢年金制度をわかりやすく解説!働きながら…
  4. 【社労士監修】同一労働同一賃金とは?賞与・ボーナスの支給につ…
  5. 【2022年10月新設予定】男性版産休制度の最新状況を解説!…
  6. 【社労士監修】育児休業期間はいつまで?延長出来るケースも徹底…
  7. 【社労士監修】育休中に副業しても大丈夫?副業の方法と給付金へ…
  1. 労働時間・休暇・休日

    【社労士監修】育児休業給付金は手取り賃金の約90%~もらえる期間と計算方法につい…
  2. 労働時間・休暇・休日

    【パパ休暇】【パパママ育休プラス制度】 男性の育休期間はいつからいつまで?
  3. 労働時間・休暇・休日

    【パパ休暇】【パパ・ママ育休プラス】育児休業給付金の延長と上手な活用方法をわかり…
  4. 労働時間・休暇・休日

    【社労士監修】育児休業期間はいつまで?延長出来るケースも徹底解説
  5. 労働時間・休暇・休日

    【社労士監修】2022年10月改正版「育児休業期間中の社会保険料免除はいつまで?…
PAGE TOP